理事

倉増 京平

PROFILE

ビジネスプロデューサー/複業実践家。2002年 電通グループ企業(現 電通isobar)に入社。顧客企業のデジタル領域におけるマーケティングサポートを永く手掛ける。29歳の時に先天性の心臓病が発覚、生死を分ける大手術ののち、長期療養を経て奇跡的に回復。その経験をもとに、本業外の活動として、難病等で入院する患者を支援するプロジェクトを推進。現在は、ミッドタウン日比谷 BASE Qで大手企業の新規事業創出を支援する、伴走型コンサルティング活動を実施。 加えて、自らも事業創造を主体的に行うためベンチャー企業(ティネクト株式会社)に取締役として参画。挑戦者を応援するのが人生ミッション。
「社会に出て自立して生きていける人間を育てる」をテーマに、学生と社会人が共に学び・切磋琢磨する場「日本学生社会人ネットワーク(JSBN)」の社会人サポーターや、東京都が主催する起業家創出プログラム「ASAC(青山スタートアップアクセラレーションセンター)」や東北のロールモデルとなる企業創出プログラム「TOHOKU GROWTH Accelerator」のメンターも勤める。1979年大阪生まれ、二児の父。

<関連URL>
顧客志向の姿勢こそ、サービスの原点。社会課題の解決と企業活動の融合を目指す。:https://an-life.jp/article/864
広告代理店勤務で17時半退社を実現する倉増京平さんの複業ライフのコツ: http://plnrs.me/labo/ekkyoujin/12596/

PAGE TOP