ゲスト:田原研児氏(スマイルズ 経営企画本部 本部長 兼 人事総務部 部長 兼 ベンチャー推進室)/幸田泰尚氏(Code for Setagaya 代表

2015年5月18日に第9回「働き方と組織の未来」ダイアローグセッションを開催しました。

コラージュ

毎回、新しい働き方を推進・実践する「企業」と「個人」からゲストスピーカーを各1名お呼びし、未来の「働き方」や「組織のあり方」を双方の視点から考える本セッション。今回で9回目です。法政大学経営大学院に会場協力いただき、平日の夜にもかかわらず約100名の参加者にお集まりいただきました。

今回、企業側ゲストのスマイルズ田原研児氏には、「個人をエンパワーメントしながら新しい価値を生み出す組織づくりやその哲学」を、また個人側ゲストのCode for Setagaya幸田泰尚氏には、「企業に所属しながら外部組織の代表として価値創造を推進するプロセスやその背景」をお話いただきました。自身のWILL(=やりたいことや興味)をもとに組織内部または外部、その両方を繋ぎながら想いをカタチにしていくゲスト2人の行動力に、参加者から多くの質問や意見が集まりました。
後半のワールドカフェでは「あなたにとっての理想の働き方とは?(=あなたのやりたいことは?)」「そのやりたいことをいかにして実現していくのか?」について参加者同士で対話を行いました(協賛いただいたOFFICE DE YASAIさんのお野菜と、HURUNAさんのお茶をいただきながら、リラックスした雰囲気の中で活発な対話がすすみました)。 ワールドカフェのアウトプットはFacebookページにもまとめましたので、是非そちらもご覧ください。

<イベントページ>
https://www.facebook.com/events/798825756874748/ (facebookページ)
http://kokucheese.com/event/index/286011/ (こくちーず)

登壇者紹介

<企業側ゲスト>
田原 研児(たはら けんじ)氏: 
株式会社スマイルズ 経営企画本部 本部長 兼 人事総務部 部長 兼 ベンチャー推進室
guest_tahara2
[プロフィール] 
1995年大学卒業後、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社へ入社。事業戦略室、人事部門の責任者等を歴任。その後、音楽プロデューサー小林武史氏が代表理事を務める一般社団法人APバンクにて、社会事業の立上げや店舗事業責任者を経験。また戦略PRコンサルティング会社であるビルコム株式会社や、グリー株式会社での人事部門の要職を経て、2014年に1月に株式会社スマイルズへ参画。スマイルズでは「3年間で新しい会社を50社つくる」という旗を掲げ「兼業推進」「全員社長会議」を実施するなど、新しい組織づくりを推進している。 
・スマイルズ:http://www.smiles.co.jp/ 
・出戻りOKの社内制度はアリかナシか?(NewsPicks):https://newspicks.com/news/692421/ 

———————————————————————-
<個人側ゲスト>
幸田 泰尚(こうだ やすたか)氏: 
Code For Setagaya 代表 /東京大学大学院都市工学科 在籍
guest_koda
[プロフィール]
大学卒業後、商業施設プロデュース会社にて設計職を経た後、大手情報サービス企業に転職。ディレクターとしてシティプロモーションの領域で都市のマーケティングに従事。また企業勤務する傍ら自らが住む世田谷で2つのNPO団体を立ち上げる。空き家オーナーと地域の活動家のマッチングを図る「空き家研究会」を主催する一方、街の課題をテクノロジーを使って解決する「Code for Setagaya」を立ち上げ代表として活動中。昨年より、東京大学大学院(都市工学研究科都市持続再生学専攻)に社会人学生として在籍し、ビジネス(企業)とソーシャル(NPO)とアカデミック(大学)の3つのセクターを跨ぎながらCivicTechによる価値創造のためのソリューションを試みている。1980年生まれ、一児の父。
・Code For Setagaya: http://codeforsetagaya.github.io/
・CivicTechForum2015: http://wired.jp/special/ctf2015/

イベントの様子(togetterまとめ)

■当日の様子まとめ[公式](加藤たけしさん作成)
http://togetter.com/li/823265

■My Desk and Team 掲載記事(2本立て)

http://mydeskteam.com/editors-note/1435/
http://mydeskteam.com/editors-note/1445/

 

イベントの様子(写真レポート)

※写真をクリックすると拡大されます