パートナー

落合 啓士

PROFILE

全盲の視覚障害者。パラタレント。元・ブラインドサッカー日本代表。
1977年、横浜で生まれ幼少期からサッカーを始める。10歳の頃から、徐々に視力が落ちる“網膜色素変性症”にかかり、18歳で視覚障害者に。25歳でブラインドサッカーと出逢い、2003年にはじめて日本代表へ選出される。2013年からは日本の背番号10番を背負い、これまで数々の試合でキャプテンとしてチームを牽引している。2010年には、横浜で神奈川県初のブラインドサッカーチーム buen cambio yokohama を設立。ブラインドサッカーの普及活動とともに、地域貢献活動を積極的に行っている。また、2020年松本山雅B.F.C.の監督に就任。日本初の全盲監督として指導しているかたわら、メンタルトレーナーや講演家として学校や企業で自身の経験を伝える活動をしている。

<関連URL>
ONECLIP 株式会社

PAGE TOP