1/19(木)開催:のと未来会議2022 Vol.5 ~「能登町と都市部の二拠点で働く」 #のとがはじまる~

Work Design Lab パートナーの伊藤 紗恵が登壇するイベントのお知らせです。

1/19(木)開催:のと未来会議2022 Vol.5 ~「能登町と都市部の二拠点で働く」 #のとがはじまる~

<内容>

東京で働くとともに、能登町でワーケーションをしながら町内事業者とともに課題解決に取り組んでいるという伊藤氏自身の経験から、
それを始めたきっかけや活動内容、東京との働き方の違い、今後の活動などをお話しながら、参加者同士での対話を予定しています。
自分の働き方や住みたい場所について、一緒に考えてみませんか?

〇イベント詳細はこちら

〇のと未来会議とは
のと未来会議は2018年より、一人ひとりの「やりたいこと」を叶えるまちとして、
さまざまな関係者のみなさんの対話の場となることを目指して継続的に開催しています。
2030年の能登町には、「やりたいことを叶えたい人が集う」そんな未来を目指し、
能登町内、石川県内、富山、関東圏、関西圏…と、毎回各地から集まり、学生から退職後の方まで、住民と行政が一緒になり、対話を通じて、町の未来を「自分ごと」として話し、考え、行動してきました。

2020年からはオンライン開催を続け、参加者も全国各地に広がっています。
2022年度は「#のとがはじまる」をキーワードに、2022年度の「のと未来会議」は全6回開催予定。
能登町で活動する人、取り組みをご紹介し、能登町に行ってみたくなるような出会いやつながりをお届けしています。

<開催概要>
【配信日時】 2023年1月19日(日)19:00-21:30 (18:50開場)
【配信方法】 オンライン会議システムZoom
※Zoomの参加URLは申し込んでいただいた方に後日お知らせいたします。
【参加費】 無料
【定員】 30名(※申込先着順)
【お申し込み方法】 こちらからご参加ください

<プログラム>
18:50 開場
19:00 スタート
はじまりの挨拶 / 主旨説明
参加者同士の自己紹介等
話題提供
参加者を交えたダイアログ / 質疑
21:30 クロージング

<進行/ファシリテーター>
対話支援ファシリテーター 玄道 優子氏

<話題提供者プロフィール>
伊藤 紗恵(いとう さえ)
一般社団法人Work Design Labパートナー

伊藤 紗恵

2006年株式会社損害保険ジャパンへ入社し、人事を中心に経験。新卒2年目と5年目に産休育休を経験した後、2014年グループ戦略事業会社へ出向し、創業初期の人事メンバーとして社員50人から500人となるフェーズの人事制度企画から労務管理、エンゲージメント向上の全社プロジェクトを実施。その後パーソルプロセス&テクノロジー社にてOKRを中心としたHRTech新規プロダクト開発のカスタマーサクセス立ち上げメンバーとして参画。
2019年より学校法人武蔵野大学にてアントレプレナーシップ学部の立ち上げに参画し、日本初の学部を2021年4月に開設。
2021年12月よりスタートアップスタジオを運営するSpirete株式会社へ参画。コミュニティマネージャーとして、組織の垣根を越えた人材が集まりスタートアップ起業に挑戦するコミュニティ運営を行う。その他、ビジネスカンファレンスの企画・運営、人材育成プログラムのメンター、地方創生プロジェクトの活動など。女性のキャリアについてもテーマ。

PAGE TOP