鳥取県と連携協定を締結

鳥取県内における副業・兼業や地域貢献、ワーケーション等の“新しい働き方”を通じた関係人口の拡大及び企業・地域の活性化を推進

複業人材と連携した地域活性化を行なう一般社団法人Work Design Lab(本社:東京都千代田区、代表理事:石川 貴志、以下Work Design Lab)は、鳥取県(県知事:平井 伸治)と複業及びワーケーション推進に関する連携協定を締結しました。

都市部の企業・企業人材との関係人口形成にむけ、副業・兼業やワーケーションの受入や地域・企業との協働を推進してきた鳥取県と、鳥取県内で2019年から中部地域を中心に地域企業や鳥取短期大学と共同プロジェクトを実施してきたWork Design Labは、この度、継続的な県内での活動拡大が見込まれることから、連携協定の締結に至りました。

■PR TIMESでのプレスリリースはこちら

■経緯
2019年、鳥取県内銀行による企業の若手後継者支援プロジェクトを契機に、Work Design Lab代表の石川が訪問したことをきっかけに、鳥取県でのプロジェクト拡大を目指すWork Design Labと企業人材との関係人口の拡大を目指す鳥取県で連携を模索。
2020年には、Work Design Labメンバーによるワーケーションを計画(新型コロナ感染症拡大に伴い中止)、都市部人材を対象に地域の魅力を紹介するオンラインセミナーを3回開催。
その後も鳥取短期大学の学生のキャリア形成支援や、観光人材育成、地元企業のDX推進や複業人材活用推進等の取組をすすめるとともに、県外企業人材との連携を希望する市町村との連携検討を進めてきましたが、この度、継続的な鳥取県内での活動拡大が見込まれることから、連携協定の締結に至ったもの。

■締結趣旨
会員全員が首都圏企業の勤務者等かつ複業の実践者であるWork Design Labとの連携を通して、鳥取県内における副業・兼業や地域貢献、ワーケーション等の“新しい働き方”を通じた関係人口の拡大及び企業・地域の活性化を図る。

■協定項目
(1) 鳥取県内におけるWork Design Lab会員による複業及びワーケーション等の実施
(2) 鳥取県での複業及びワーケーション等の受け入れ環境整備への協力
(3) 鳥取県内でのファミリーワーケーションの普及及び推進

<鳥取県について>
知 事:平井 伸治
URL:https://www.pref.tottori.lg.jp/

最近のお知らせ

PAGE TOP