WorkDesignLabと北上商工会議所が連携協定を締結しました

⼀般社団法⼈Work Design Lab(本社:東京都中央区、代表理事:⽯川貴志、以下 Work Design Lab)は、北上商工会議所(会頭:佐藤 直也)と、多様な人材活用による中小企業のデジタル化推進(支援)に向けた相互の連携により、持続可能な地域社会の実現を図るため、連携協定を締結しましたことをお知らせします。

掲載元:WorkDesignLabと北上商工会議所が連携協定を締結

 ■経緯
Work Design Labは、2021年から日本商工会議所と「中小企業のデジタル化推進」を目的とした事業連携を実施しており、2023年1月に「多様な人材活用による中小企業のデジタル化推進(支援)」のための連携協定を締結いたしました。また、2023年12月には、北上商工会議所と協働し「デジタル活用で経営課題を突破!副業人材と共に挑む 新時代の戦略セミナー」を開催しました。 今回、⽇本商⼯会議所及び北上商⼯会議所と今後の連携に関する議論を重ねる中で、北上商工会議所および会員事業者への継続的な支援を実施・検討することから、北上商⼯会議所との連携協定の締結に⾄りました。

参考記事:12/12(火)開催:北上商工会議所主催│デジタル活用で経営課題を突破!副業人材と共に挑む 新時代の戦略セミナー〜経営課題解決につながる人材との協働とは〜

 ■締結趣旨
本協定は、それぞれ保有する知的・人的資源を有効に活用し、相互の連携および協力を強化することにより、多様な人材活用による中小企業のデジタル化推進(支援)に寄与することを目的とします。

 ■協定項目
目的に資する具体的な取り組み内容及び実施方法については、次の取り組みを中心に進めてまいります。 (1)地域企業のデジタル化推進に資する人材活用支援に関すること (2)フリーランスや副業・兼業人材など多様な人材の活用促進に関すること

■一般社団法人Work Design Labについて
「イキイキと働く大人で溢れる社会、そんな大人を見て子どもが未来に夢を描く社会を創りたい」をビジョンに掲げ、全国各地域の企業や地方自治体向けのプロジェクトを複数手掛けています。また、企業横断の新規事業担当者コミュニティの運営や複業実践者向けの勉強会も実施し、​首都圏を中心とする企業勤務者等で全員が複業を実践する約200名が所属しています。

▼関連記事
WorkDesignLabと那覇商工会議所が連携協定を締結しました
Work Design Labと長野県商工会議所連合会が連携協定を締結しました


<⼀般社団法⼈Work Design Lab概要>
会社名:⼀般社団法⼈Work Design Lab
代表者:代表理事 ⽯川 貴志
設 ⽴:2013年8⽉
所在地:東京都中央区築地4丁目3-8 登喜和ビル5階 MONZ SPACE
URL:https://work-redesign.com/
事業内容:課題解決型プロジェクト推進事業、コミュニティ創出事業、働き⽅に関するアドバイザリー事業

<本件に関するお問い合わせ先>
一般社団法人Work Design Lab
担 当:広報担当
連絡先:support@work-redesign.com