地域と都市企業を繋ぐサテライトオフィスの未来 -ワーケーション2.0-を考えるを開催いたしました

%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e3%81%a8%e9%83%bd%e5%b8%82%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%82%92%e7%b9%8b%e3%81%90%e3%82%b5%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%81%ae%e6%9c%aa%e6%9d%a5

地域と都市企業を繋ぐサテライトオフィスの未来 -ワーケーション2.0-を考えるを開催いたしました

2022年12月17日に、石川県能登町の協力のもと、一般社団法人 Work Design Lab主催「地域と都市企業を繋ぐサテライトオフィスの未来 -ワーケーション2.0-を考える」を開催いたしました。

地域と都市企業を繋ぐサテライトオフィスの未来 -ワーケーション2.0-を考える

【開催趣旨】
・地域におけるサテライトオフィスの企業誘致の鍵となるものは?
・ワーケーションから関係人口となるステップは?
・最高の合宿体験は関係人口の入口となり得るのか?

都心の企業を中心にワーケーションやサテライトオフィスの導入が進み、会社から離れた地域で業務を行うことは特別なことではなくなっています。
一方で、今見つめ直されているのは地域で出会えるコト・モノ・ヒト・トキの本当の価値。
何度も訪れる場所になる、観光から関係人口になる、コンテンツではなくコンテキストが生み出す価値とは。

能登町名物イカレた公務員灰谷貴光、最高の合宿体験を提供するもてけんこと茂木健太、全国で複業実践を行うWork Design Lab代表石川貴志、 Work Design Labパートナーで能登町で2拠点活動中の伊藤紗恵のトークセッションにて、
能登町の新たな活動交流拠点である”NOTO CROSS PORT”からお届けいたしました!

地域と都市企業を繋ぐサテライトオフィスの未来 -ワーケーション2.0-を考える4
地域と都市企業を繋ぐサテライトオフィスの未来 -ワーケーション2.0-を考える

〇イベント詳細はこちら

【プレゼンター】
・灰谷貴光(能登町役場 ふるさと振興課 地域戦略推進室 主幹)

灰谷貴光

1976年生まれ。祖父も父もいか釣り漁師。しかし、継がずに中学校の教師を目指すも挫折…。2000年旧内浦町役場入庁。2015年から地方創生担当となり、町民と町外の学生、プロボノや企業が対話を通して地域課題を解決する場づくりに取り組む。

・茂木健太(もてけん)(Co-Creations株式会社 代表取締役)

茂木健太

2018年より、リーダー向けのコーチングと成長ベンチャー企業向けに組織開発コンサルティングを提供。ベンチャー企業のCHRO(人事責任者)も経て、2022年、いい合宿を増やし、チームが合宿をするのが当たり前となる文化を創るための活動「合宿人」を立ち上げる。
▷合宿の企画・ファシリテーション
▷合宿を起点にチームを変える「合宿人」コミュニティの運営
▷合宿ストーリーの発信 を主に実施。
https://www.gasshukujin.com/

・石川 貴志(一般社団法人Work Design Lab 代表理事/総務省 地域力創造アドバイザー)

石川 貴志

1978年生まれ。広島県福山市出身。「働き方をリデザインする」をテーマにした対話の場づくり、企業・行政・団体等と連携したプロジェクトを全国各地で推進。首都圏複業ワーカーと地方企業を繋ぐ様々な活動に注力している。総務省 地域力創造アドバイザー、観光庁「新たな旅のスタイル促進事業」アドバイザー、情報経営イノベーション専門職大学客員教授。

・伊藤 紗恵(一般社団法人Work Design Labパートナー)

伊藤 紗恵

事業会社人事→JV人事の立ち上げ→HRtech新規事業のカスタマーサクセス→大学学部立ち上げ→スタートアップスタジオコミュマネなどを経験。組織と個人の関係性・キャリア・コミュニティ・働き方・女性の働き方・生き方などがテーマ。現在は東京のスタートアップでHRtechカスタマーサクセスを担当する傍ら、母方の故郷である石川県能登町と2拠点生活を試みつつ地元企業の経営戦略・組織開発支援を行う。

一般社団法人 Work Design Lab / 興能信用金庫「第5回 複業人材活用・共創ネットワーク(能登)」のイベントレポートが掲載されました。

2022年3月15日に開催された、【一般社団法人 Work Design Lab / 興能信用金庫】「第5回 複業人材活用・共創ネットワーク(能登)」のイベントレポートがGoodWay(金融&IT業界情報サイト)に掲載されました。

⇒ イベントレポート詳細はこちら

ハイブリッドキャリア協会主催「第2回シンポジウム複線型キャリアと組織のデザイン ~ハイブリッドキャリア人財を活かすための仕組み創り~」のイベントレポートが掲載されました。

2022年3月8日に開催された、ハイブリッドキャリア協会主催「第2回シンポジウム複線型キャリアと組織のデザイン ~ハイブリッドキャリア人財を活かすための仕組み創り~」のイベントレポートが掲載されました。

⇒ イベントレポート詳細はこちら

※開催終了※<イベント詳細>

代表の石川が登壇した「これからの働き方と暮らし方 ~ポストコロナ時代の二拠点居住とモビリティの未来~」のイベントレポート【後編】が掲載されました。

2021年8月25日に開催し、代表の石川が登壇した「これからの働き方と暮らし方 ~ポストコロナ時代の二拠点居住とモビリティの未来~」のイベントレポート【後編】が掲載されました。

イベントレポートはこちら

※開催終了※<イベント詳細>

代表の石川が登壇した「これからの働き方と暮らし方 ~ポストコロナ時代の二拠点居住とモビリティの未来~」のイベントレポート【前編】が掲載されました。

2021年8月25日に開催し、代表の石川が登壇した「これからの働き方と暮らし方 ~ポストコロナ時代の二拠点居住とモビリティの未来~」のイベントレポート【前編】が掲載されました。

イベントレポートはこちら

※開催終了※<イベント詳細>

ワークショップ「40代からのキャリア自分らしく描く#1」がanother life.にてイベントレポートが掲載されました。

2021年6月18日に開催された「40代からのキャリア自分らしく描く#1 地域と関わることは、複業の第一歩?」が人生経験のシェアリングサービスanother life.にイベントレポートが掲載されました。

⇒ イベントレポート詳細はこちら

※開催終了※<イベント詳細>

【イベントレポート】いちぼし堂 × Work Design School in 静岡市『マーケティング入門講座』 を開催しました 。

2020年12月13日にいちぼし堂 × Work Design School in 静岡市『マーケティング入門講座』~ 検索ニーズをベースにした顧客発見の技術を身につける ~を開催しました。

<イベント概要>
「これからの働き方・暮らし方はどのように変化してくのだろうか?」
「地域における持続可能なコミュニティづくりはどのようなものだろうか?」

本イベントでは、様々な地域や企業、また個人に伴走しながらマーケティング支援をしているWork Design Labの倉増氏をお招きし「検索ニーズをベースにした顧客発見の技術を身につける」について、お話頂く予定です。また後半では、いちぼし堂とWork Design Labの共同プロジェクトを推進する4名に登場頂き「静岡ではたらくを共に育む」をテーマに、「ひとりひとりがその人らしく働くためには?」「コミュニティからゼロ→イチの事業を生み出すためには?」をテーマにパネルトーク予定です。今回はオンライン開催(ZOOM)予定です。

<開催概要>
【日 時】2020年12月13日(日)10:00~11:45※開場(オンライン接続開始 9:45)
【会 場】オンライン開催(ZOOM)
【参加費】無料(招待者のみ) 
【定 員】30人 【申 込】不要(開始時間になりましたらZOOMから入室下さい)
【タイムスケジュール】  
9:45~10:00 開場(オンライン接続開始)  
10:00~10:10 オープニング(いちぼし堂/Work Design Lab)  
10:10~10:50 マーケティング入門講座(WDL倉増さん)  
10:50~11:00 感想シェア・QA  
11:00~11:30 パネルトーク(いちぼし堂:平石さん、山梨さん・WDL:倉増さん・小林さん)  
11:30~11:45 まとめ

【ゲストスピーカー】
〇倉増 京平(くらまし きょうへい)氏 一般社団法人Work Design Lab 理事/ビジネスプロデューサー/複業実践家。2002年 電通グループ企業(現 電通isobar)に入社。顧客企業のデジタル領域におけるマーケティングサポートを永く手掛ける。現在は、ミッドタウン日比谷 BASE Qで大手企業の新規事業創出を支援する、伴走型コンサルティング活動を実施。 加えて、自らも事業創造を主体的に行うためベンチャー企業(ティネクト株式会社)に取締役として参画。挑戦者を応援するのが人生ミッション。 東京都が主催する起業家創出プログラム「ASAC(青山スタートアップアクセラレーションセンター)」も勤める。1979年大阪生まれ、二児の父。

【主催】 いちぼし堂 https://ichiboshido.com/
一般社団法人Work Design Lab http://work-redesign.com/

【イベントレポート】「サラリーマン・イノベーターの集い in 横浜vol.7」 を開催しました 。

ゲスト:平井 良典氏(AGC株式会社 代表取締役 専務執行役員)武藤 元氏/井田 茂樹氏(株式会社JERA 事業開発戦略部/東京ストロベリーパーク)、主催:横浜市経済局、運営:一般社団法人Work Design Lab

2019年11月27日に「サラリーマン・イノベーターの集い in 横浜vol.7~(京浜臨海部編)~組織の枠を越えたオープンイノベーションを創出する~」を開催しました。

<イベント告知ページ>
https://peatix.com/event/1371431

<開催趣旨>
横浜市経済局とWork Design Labの連携にて「サラリーマン・イノベーターの集い vol.7」を開催します。今回のテーマは「組織の枠を越えたイノベーションを創出する」です。「組織の枠を越え、人と人が繋がりイノベーションが生まれるプロセスはどのようなものか?」またそのために「必要な機能や仕組みは何か?」。本テーマに関する活動を実践するゲストをお招きし、横浜にゆかりのある方々と一緒に本テーマについて探求していく予定です。

※横浜市経済局では、技術者・研究者、起業家、学生など、新たな価値創造の担い手同士の日常的な交流を通じて、ビジネスの創出につなげる『イノベーション人材の交流の場づくり』を、意欲ある民間企業等と連携して推進しています。本企画では、組織に所属しながら、想いをもって社内外で活動する方々(=サラリーマン・イノベーター)が集まり、繋がることで、より良い社会を創っていくことを目的としています。

▼本イベントに関する記者発表(横浜市経済局)
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/keizai/2019/keihin1127.html

▼過去開催の様子
https://work-redesign.com/wrd/2019/01/15/yokohama4/(Vol.4・拡大編)
https://work-redesign.com/wrd/2019/03/29/yokohama5/(Vol.5)

<開催概要>
【日 時】11/27(水)19:00~21:00(懇親会21:00~21:30 ※同会場にて)
【会 場】キリンビール横浜工場レストランビアポート2階(横浜市鶴見区生麦1-17-1)https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/access/
京浜急行線「生麦駅」より徒歩約15分

【参加費】無料(懇親会参加は1,000円(飲み物、軽食含む))
【定 員】100人

【当日のタイムテーブル】

18:30-19:00 開場
19:00-19:20 オープニング
・開催趣旨/横浜市経済局、Work Design Lab
19:20-21:00 イノベーターズトークセッション
「組織の枠を越えたイノベーションを創出する」
▼プレゼンテーター
・平井 良典氏(AGC)
・武藤 元氏/井田 茂樹氏(JERA/東京ストロベリーパーク)
▼ファシリテーター
・石川 貴志(Work Design Lab)
21:00-21:30 ネットワーキング

【主 催】横浜市経済局
【運 営】一般社団法人Work Design Lab
【Facebookイベントページ】https://www.facebook.com/events/498985374164134/

ゲストスピーカー/プレゼンテーター

■平井 良典(ひらい よしのり)氏
AGC株式会社 代表取締役 専務執行役員 CTO/工学博士


[プロフィール]
東京大学大学院工学系研究科博士課程(物理工学専攻)修了後、1987年 旭硝子(現 AGC)入社。中央研究所を経て、事業会社(オプトレックス)取締役副社長、電子領域での事業企画室長、事業開拓室長を歴任し、2014年3月に取締役 技術本部長に就任。2018年1月から代表取締役 専務執行役員CTO就任(現任)。「脱自前主義」を打ち出し、大学との連携、お客様企業との共同開発、スタートアップ企業への出資、M&Aなど外部の技術、知恵、アイデア等を積極的に取り入れ、開発を加速するオープンイノベーションも統括する。AGCは「協創空間構築プロジェクト」のもと、京浜臨海エリアの工場内にオープンイノベーションを指向する新しい研究開発拠点「AGC横浜テクニカルセンター」を2020年9月にOPEN予定。


■武藤 元(むとう はじめ)氏

株式会社JERA
事業開発戦略部 東日本新規事業運営センター 新規事業運営ユニット課長/
東京ストロベリーパーク館長・エコファーム事業プロジェクトリーダー


[プロフィール]
大学卒業後1994年に東京電力 袖ケ浦発電所に入社。本社にて火力発電所の運営や管理業務全般に従事。火力発電所建設プロジェクトにて海外メーカーとの交渉・連携等を担当し、日本と海外の考え方の違いに多くの学びを得る。その後、社内のイノベーションリーダープログラムの受講をきっかけに「実行できないのは上層部が理由ではなく、自分が理由であり、自らが実行」ということを実感。2015年より本社の新グループ課長として組織改革や事業開発をリード。新規事業部門での約2年の検討を経て、2018年5月に火力発電で培われた環境制御技術等を活用した「一年中いちご狩りできるイチゴハウス」東京ストロベリーパークを京浜臨海エリアに開業させる。現在は、社内外に新しい繋がり創りながら事業推進中。
※株式会社JERAは、2015年に東京電力グループと中部電力の出資により設立された合弁会社です。


■井田 茂樹(いだ しげき)

株式会社JERA
事業開発戦略部 東日本新規事業運営センター 新規事業運営ユニット課長代理/
東京ストロベリーパーク副館長


[プロフィール]
1995年に東京電力 大井火力発電所に入社。火力発電所の運転操作などの運用を約8年間担当し、火力発電所の運転操作技術や基礎知識を習得した後、本社にて火力発電所の委託・防災・人材育成の管理業務に従事する。また国内外に火力発電所の運転操作・メンテナンス技術のノウハウ等を販売する外販事業を展開。2016年より新規事業部門にて、東京ストロベリーパークの建設から事業運営の構築に携わり、電気事業とはまったく異なる事業立ち上げをリードしている。

【ファシリテーター】
■石川 貴志(いしかわ たかし)氏
一般社団法人Work Design Lab 代表理事


[プロフィール]
リクルートエージェント(現リクルートキャリア)の事業開発部門のマネージャーを経て現在、出版流通企業の経営企画部門にて勤務。2012年より社会起業家に対して投資協働を行うSVP東京のパートナーとしても活動。2013年にWork Design Labを設立しイントレプレナー(社内起業家)コミュニティの運営、また企業や行政等と連携したプロジェクトを複数手掛ける。2017年 経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」選出。2018年にAERA「生きづらさを仕事に変えた社会起業家54人」選出。1978年生まれ、三児の父。

主催者/横浜市経済局

■林琢己(はやしたくみ)氏
横浜市 経済局長

写真レポート

【イベントレポート】「サラリーマン・イノベーターの集い in 横浜vol.6」 を開催しました 。

ゲスト:中西 裕子氏(株式会社資生堂 R&D戦略部 R&D戦略G マネージャー)、岩井 慶太郎氏(Share Style BBQ代表/デロイト トーマツ グループ勤務)、主催:横浜市経済局、運営:一般社団法人Work Design Lab

2019年10月26日に「サラリーマン・イノベーターの集い in 横浜vol.6~新しい価値が生まれる繋がりをデザインする~」を開催しました。

<イベント告知ページ>
https://peatix.com/event/1337278/

<開催趣旨>

横浜市経済局とWork Design Labの連携にて「サラリーマン・イノベーターの集い vol.6」を開催します。今回のテーマは「新しい価値が生まれる繋がりをデザインする」です。「組織や地域、また様々なコミュニティの枠を越え、人と人が繋がり『新しい価値』が生まれるプロセスはどのようなものか?」またそのために「必要な機能や仕組みは何か?」。本テーマに関する活動を実践するゲストをお招きし、横浜にゆかりのある方々と一緒に本テーマについて探求していく予定です。
また今回は、初の休日開催ということで「横浜ガジェット祭り」との連携で開催いたします。ガジェット祭りは10/25-26の2日間開催で、子どもも楽しめるコンテンツも多くありますので、ファミリーでの来場もお待ちしております。
(参照/横浜ガジェット祭り:https://yi.city.yokohama.lg.jp/gadgetfes2019/program/#part_2

※横浜市経済局では、技術者・研究者、起業家、学生など、新たな価値創造の担い手同士の日常的な交流を通じて、ビジネスの創出につなげる『イノベーション人材の交流の場づくり』を、意欲ある民間企業等と連携して推進しています。本企画では、組織に所属しながら、想いをもって社内外で活動する方々(=サラリーマン・イノベーター)が集まり、繋がることで、より良い社会を創っていくことを目的としています。

▼過去開催の様子
https://work-redesign.com/wrd/2019/03/29/yokohama5/(Vol.5)
https://work-redesign.com/wrd/2019/01/15/yokohama4/(Vol.4・拡大編)

<開催概要>
【日 時】10/26(土)13:30~15:30(ネットワーキング15:00~15:30 ※同会場にて)
【会 場】横浜三井ビルディング3F エントランスオープンスペース
神奈川県横浜市西区高島1-1-2
https://yokohamamitsui.com/access/

【参加費】無料
【申 込】以下URLからお申込み下さい
https://peatix.com/event/1337278/

【定 員】70人(※定員枠拡大しました50→70人)
※1:託児あり(無料)
飲み物、おやつ、着替え、おむつなどお持ち下さい
http://www.hugood.jp/publics/index/8/

※2:イベント参加者向け特別企画(定員:親子5組限定/最少催行人数2組4名)
「原鉄道模型博物館」バックヤードツアー
→家族を置いて自分だけサライノには参加しづらいと思っている人のパートナーさんとそのお子さんが対象です!
参加費:1000円(保護者の方の入場料分として、子どもの入場料は無料)
対象:小学校4年生~中学3年生・親子参加
所要時間:約1時間15分(14:00~15:15)

【当日のタイムテーブル】
13:00-13:30 開場
13:30-13:45 オープニング
・開催趣旨/横浜市経済局、Work Design Lab
13:45-15:00 イノベーターズトークセッション
「新しい価値が生まれる繋がりをデザインする」
▼プレゼンテーター
・中西 裕子氏(資生堂)
・岩井 慶太郎氏(Share Style BBQ/大手グローバルファーム)
▼ファシリテーター
・石川 貴志(Work Design Lab)
15:00-15:30 ネットワーキング

【主 催】横浜市経済局
【運 営】一般社団法人Work Design Lab

ゲストスピーカー/プレゼンテーター

■中西 裕子(なかにし ゆうこ)氏
株式会社資生堂 R&D戦略部 R&D戦略G マネージャー


[プロフィール]
名古屋大学大学院物質理学専攻(化学系)修士課程修了後、資生堂へ入社。スキンケア商品の処方開発研究や、化粧品基剤の基礎研究、またデザイン思考アプローチを用いた研究企画等を経て、現在は、R&D戦略部門にて勤務。2019年4月、資生堂は「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD」を新ミッションに掲げ、横浜みなとみらい地区に、資生堂グローバルイノベーションセンター・美の複合体験施設「S/PARK」をOPEN。そこを拠点とし、社外との接点から、ビューティーの分野でこれまでにない価値の創出を加速させるオープンイノベーションプログラム「fibona(フィボナ)」のリーダーとして、社内外における様々なプロジェクトを多数リードしている。


■岩井 慶太郎(いわい けいたろう)氏

Share Style BBQ代表/デロイト トーマツ グループ勤務


[プロフィール]
横浜市出身。東京農業大学 農学部 畜産学科卒業。飲食業界やリクルートでの人材ビジネスを経験後、現在はデロイト トーマツ グループの人事部門にて勤務。本業の傍ら、BBQイベントやBBQ施設開発のプロデュースを行う「Share Style BBQ」の代表としても活動。組織の枠を越えた人材交流やコミュニケーションを目的とした企業向けのBBQ企画や、地域食材のPRを目的にしたファン交流企画など様々な企画を多数手掛ける。「野菜やお肉を美味しく食べるには?」「参加者同士が仲良くなるには?」「子どもも大人も一緒に楽しむには?」などの切り口で繋がりをデザインし、これまので参加者は10,000人を超える。また「ROCK HILLS GARDEN 川崎」「FARMERS BBQ 吉祥寺」などBBQ場に対するプロデュース・アドバイス実績多数。

【ファシリテーター】
■石川 貴志(いしかわ たかし)氏
一般社団法人Work Design Lab 代表理事


[プロフィール]
リクルートエージェント(現リクルートキャリア)の事業開発部門のマネージャーを経て現在、出版流通企業の経営企画部門にて勤務。2012年より社会起業家に対して投資協働を行うSVP東京のパートナーとしても活動。2013年にWork Design Labを設立しイントレプレナー(社内起業家)コミュニティの運営、また企業や行政等と連携したプロジェクトを複数手掛ける。2017年 経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」選出。2018年にAERA「生きづらさを仕事に変えた社会起業家54人」選出。1978年生まれ、三児の父。

写真レポート

【イベントレポート】編集奈良×Work Design Labにて「奈良未来会議 in 東京 ~都市圏から地方に関わる働き方~」を開催しました

2019年6月1日に編集奈良×Work Design Labにて「奈良未来会議 in 東京 ~都市圏から地方に関わる働き方~」を開催しました。主催:編集奈良、Work Design Lab、会場:奈良まほろば館

<開催概要(イベントページより)>

【6/1(土)東京で奈良を語る!都市圏から地方に関わる働き方とは】
奈良ファンや奈良出身者が多く集まる首都・東京。
「東京にいる奈良ファンにこれからの奈良の情報を伝えたい」
「観光でも、移住でもなく、奈良に関わる方法を探りたい」
そんな思いで奈良での活動が中心だった「編集奈良」が東京に出張します!

今回は「働き方をリデザインする」をテーマに「関係人口」の創出などにも取り組む「一般社団法人Work Design Lab」との共催により、日本各地の事例も交えてこれからの奈良の可能性を共有する特別プログラムです。

奈良から東京へ、そして東京から奈良へと、相互に情報交換をすることによって、奈良はもっとおもしろくなるのではないか。
また、これまで編集奈良にお問い合わせ頂いた方も含めて「首都圏にいる奈良ファン」の皆さんのつながりも作っていただきたいと考えています!
ぜひご参加ください!●奈良未来会議 in 東京 −都市圏から地方に関わる働き方−

【日時】6/1(土)14:00-17:00(受付13:30)
【会場】奈良まほろば館(東京・日本橋)
【MAP】https://goo.gl/maps/Ysoor6zy7Egi1dxa9
【主催】編集奈良・Work Design Lab
【参加費】一般1000円/学生500円
【申込フォーム】https://forms.gle/ZprhMAKurvnwUehJ6
※フォームからの申込をお願いします!プロフィールシートになります。
【趣旨】
①地方に関わる方法として「2地域居住」「複業」など様々な可能性を探る!
②「100秒プレゼン」で東京在住で奈良に縁のある方の活動を知ることができる!
③これからの地域への関わり方を考える中で、奈良ファンの方とつながりができる!

【内容】
①編集奈良の活動紹介
「これから奈良に関わることがなぜどの地域よりもおもしろいか?」
②Work Design Labの事例紹介
「働き方をリデザインする – 副業での地域への関わり方」
③グループごとに自己紹介
参加者同士のつながりをつくる時間。
④100秒プレゼン!(LT)×6組(希望者から公募)
⑤グループトーク
※18時から懇親会を予定しています。(会費制:5,000円(実費))

【登壇者】
編集奈良
◆高松 明弘(編集奈良代表)
1981年生まれ、奈良市生まれ、奈良市在住。奈良市役所で広報を担当する。
投資バラエティー番組「¥マネーの虎」が好きで「教育の虎」として出演していた岩井良明氏が代表を務める教育関連企業・(株)モノリスで新社会人時代を過ごす。企画営業、塾講師、中高一貫校数学教師を経て、奈良市職員に。2018年、地域プロジェクト「編集奈良」を設立し、地域活性化のための様々な企画を実行する。
奈良町座事務局長/ならまち遊歩実行委員会部会長/なら国際映画祭2018実行委員/FMラジオ番組「ならマガRADIO」のパーソナリティなど、地域プロジェクトに関わる。

Work Design Lab(https://work-redesign.com/wrd/)
◆石川 貴志(一般社団法人Work Design Lab代表理事/複業家)
1978年生まれ、広島出身の三児の父(現在、東京在住)。リクルートキャリアの事業開発部門のマネージャーを経て現在、出版流通企業の経営企画部門にて勤務。本業の傍ら2013年にWork Design Labを設立し、イントレプレナーコミュニティの運営、また地方企業や自治体と連携したプロジェクトを複数手掛ける。2017年に経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」選出。 (公財)ひろしま産業振興機構の創業サポーターや、(独)中小機構が運営するTIP*S アンバサダー、順天堂大学客員研究員なども務める。

◆森田 浩行(Work Design Labパートナー)
奈良県吉野野山奥育ち(現在は東京在住)。東京大学文学部社会心理学科卒業。主に日常消費を扱うBtoCのITサービスにおいて、販売促進・マーケティング、営業推進・事業推進を経験。株式会社DeNA、株式会社リクルートなどを経て株式会社ラフールにて、組織の生産性を可視化するラフールサーベイの経営企画。描いたビジョンをスピードを持って形にし、改良・進化して加えていくことにこだわる。

◆熊谷 暁生(Work Design Labパートナー)
1982年生まれ、奈良市育ち・名古屋在住。工学部を卒業後、自動車会社にてエンジン研究開発・新事業部門を経験。また本業外の活動としてデザイン思考の普及、社内有志によるマネジメント研究会の企画運営、新価値創出の活動などに取組む。自身の活動を通じ、働く場所やアウトプットする場にとらわれない「柔軟な働き方」が人の幸福に大きく影響する事を実感。Work Design Labの活動を通じ、多様な働き方が有る事を多くの方に広めたいという想いを持つ。

【イベントレポート】「サラリーマン・イノベーターの集い in 横浜vol.5」 を開催しました 。

ゲスト:大辻 聡史氏(キヤノン株式会社 有志活動団体MIP 代表)、太田 賢司氏(フレグランスイノベーター/株式会社CODE Meee 代表取締役)、主催:横浜市経済局、運営:一般社団法人Work Design Lab、会場協力:株式会社富士通エフサス

2019年3月28日に「サラリーマン・イノベーターの集い in 横浜vol.5~組織の枠を越えたプロジェクトが生まれるエコシステムを創る~」を開催しました。

<開催趣旨>
横浜市経済局とWork Design Labの連携にて「サラリーマン・イノベーターの集い vol.5」を開催します。今回のテーマは「組織の枠を越えたプロジェクトが生まれるエコシステムを創る」です。「『プロジェクト』が生まれ『ビジネス』に変化していくプロセスはどのようなものか?」またそのために「必要な機能や仕組みは何か?」。本テーマに関する活動を実践するゲストをお招きし、横浜にゆかりのある方々と一緒に本テーマについて探求していく予定です(※終了後、ネットワーキングを目的とした懇親会も同会場にて実施します/参加費1,000円)

※横浜市経済局では、技術者・研究者、起業家、学生など、新たな価値創造の担い手同士の日常的な交流を通じて、ビジネスの創出につなげる『イノベーション人材の交流の場づくり』を、意欲ある民間企業等と連携して推進しています。本企画では、組織に所属しながら、想いをもって社内外で活動する方々(=サラリーマン・イノベーター)が集まり、繋がることで、よりより社会を創っていくことを目的としています。

▼過去開催の様子
https://work-redesign.com/wrd/2019/01/15/yokohama4/(Vol.4・拡大編)
https://work-redesign.com/wrd/2018/10/05/yokohama3/ (Vol.3)

<開催概要>
【日 時】3/28(木)19:00~21:00(懇親会21:00~21:45 ※同会場にて)
【会 場】富士通エフサス みなとみらいInnovation & Future Center
横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB棟9階

【参加費】無料(懇親会参加は1,000円(飲み物、軽食含む))
【定 員】100人  ※託児はありませんが子連れ参加歓迎です! 【当日のタイムテーブル】
18:30-19:00 開場
19:00-19:15 オープニング
・開催趣旨/横浜市経済局、Work Design Lab
19:15-21:00 イノベーターズトークセッション
「プロジェクトが生まれるエコシステムを考える」
▼プレゼンテーター
・大辻 聡史氏(キャノン有志活動団体MIP)
・太田 賢司氏(CODE Meee)
・高木 秀昭氏(横浜市経済局 新産業創造課)
▼ファシリテーター
・石川 貴志(Work Design Lab)

21:00-21:45 ネットワーキング(懇親会 ※主催Work Design Lab)

【主 催】横浜市経済局
【運 営】一般社団法人Work Design Lab
【会場協力】株式会社 富士通エフサス

<イベントページ(Peatix)>
https://peatix.com/event/618364/

ゲストスピーカー/プレゼンテーター

■大辻 聡史(おおつじ さとし)氏
キヤノン株式会社 有志活動団体MIP 代表
[プロフィール]
信州大学大学院卒業後、キヤノン入社。化成品の開発・生産統括に従事。2016年に「人の可能性を広げる」をテーマに「キヤノンパーソンが持つ意欲やアイデアを仲間と話し、考え、試せる場をつくる」ことを目的とする社内有志活動『MIP(ミップ)』を立ち上げる。グループ会社や事業所を横断したネットワークを構築し、社外講師を招いた勉強会や、エンジニア集団のプロトタイプ発表会、地域貢献活動などをリード。外部団体である企業横断有志団体ネットワーク「ONE JAPAN」とも連携しつつ、想いを持った個人が挑戦できる環境づくりを推進している。経済産業省主催イノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator 2017」メンバー。横浜市在住、一児の父。

太田 賢司(おおた けんじ)氏
フレグランスイノベーター/株式会社CODE Meee 代表取締役
[プロフィール]
北海道大学大学院理学研究科を卒業後、国内最大手の香料メーカーでフレグランスの開発に10年携わる。フレグランスのマーケティング・官能評価に携わる専門職「エバリュエーター」として、香り開発の第一線で活躍。その後、2017年に香りのスタートアップ企業 CODE Meee(コードミー)を創業。「香り × テクノロジー」の力で、新しいライフスタイルの創造や地方独自素材を使った香料開発で地方創生を目指すなど、新しい香りの可能性を唱えるフレグランスイノベーターとして活動。現在は、日本IBMとの連携を始め、企業や自治体のアクセラレーターに多く採択され、様々なステークホルダーと共に事業を推進している。横浜市在住。

■高木 秀昭(たかぎ ひであき)氏
横浜市経済局 新産業創造課 課長
[プロフィール(新産業創造課)]
当課は、新ビジネス創出を支援する目的で2018年4月に設置されました。2017年に立ち上げたIoT推進のためのオープンイノベーションプラットフォーム「I・TOP横浜」は現在約370社が参画し、様々なプロジェクト創出が進んでいます。2019年は、①ベンチャー企業・起業家の成長拠点を関内地区へ設置、②「イノベーション都市・横浜」を広く発信していくための大規模なイベント開催と、新たな取組を計画しています。是非イノベーターのみなさまの声をお聞かせいただき、より良い取組にしていければと思います。よろしくお願いいたします。

会場協力/みなとみらいInnovation & Future Center

■桶谷 良介(おけたに りょうすけ)氏
株式会社富士通エフサス ビジネス企画推進本部 イノベーション&フューチャーセンター長 兼 トータルソリューション企画統括部 トータルサービス推進部長

みなとみらいInnovation & Future Center
https://www.fujitsu.com/jp/group/fsas/about/future-center/index.html